会議やセミナーなどのために貸し会議室を探す際、アクセスのしやすさは大切なポイントになります。例えばお客様を招いての会議・プレゼンなどの場合、行きやすい場所で開催した方が、「スムーズな運営だった」、「参加する側のために気が配られていた」という好印象を与えることができます。また、参加者を募集してのセミナーなどの場合には、アクセスの良さが集客に直結します。
そういった点で、新幹線・在来線が複数通り、羽田空港からのアクセスも良好な品川は、人を招くのに最適です。ただし、参加者によっては他の場所の方が便利なこともありますし、設備や料金などの面で折り合いがつかないということもありえます。ビジネスマンなら、品川に加えてもういくつかの選択肢も持っておくと安心です。

「参加者がどこから来るのか?」を考える

貸し会議室を利用する状況には色々なパターンがあります。会議にしてもセミナーにしても、招く人が決まっている場合は、その人にとってアクセスの良い場所を選ぶのが良いでしょう。
例えば海外など遠方から参加者が来るのならば、やはり空港に近い場所が喜ばれます。一方、関東近郊からの参加者が多いのならば、新幹線で来やすい場所が望ましいでしょう。
空港から近く新幹線も通る品川は、どこから来るにしても不便がなく、オールマイティーに利用できます。開催場所に迷ったら、まず品川の貸し会議室を探してみるのは賢明です。
一方、人が来る経路がある程度絞られているのならば、必ずしも品川に拘らず、その時々で便利な場所を選ぶべきです。ともかく、相手がストレスなく貸し会議室に到着できるようにすることが大切です。

設備・値段・便利さのバランスを考える

品川はアクセスが便利なだけに、多種多様な貸し会議室があります。しかし、全体として周辺地域より値段が高めに設定されているので注意が必要です。
例えば品川から山手線で数駅の範囲には、大崎や五反田など、ちょっとしたビジネス街があります。これらのエリアの貸し会議室は、品川に比べると安価に貸し出されているところが多くあります。
予算が限られている場合は、まず品川エリアの中でも比較的リーズナブルな貸し会議室を探し、そこを基準に他エリアで「補欠」の会議室をピックアップしておくのが良いでしょう。「アクセス面では劣るものの、同価格帯で、設備が充実」という貸し会議室をいくつかおさえておけば、希望する貸し会議室で予約が取れなかった時にも、不満を最小限に抑えることが可能です。